読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの新しいモノ好き

好きなモノ気になるモノをグダグダと。ガジェット,ゲーム,特撮など。

SW3レビュー:初めて触るAndroidWear #Xperiaアンバサダー

メーカーイベント-Xperiaアンバサダー ガジェット レビュー ガジェット-Android メーカーイベント

Xperiaアンバサダーのモニター企画でお借りしている「SmartWatch3」についての記事です。

イベントに関する記事等はXperiaアンバサダーのカテゴリからどうぞ。

個人的にAndroidWearを触るのは始めてです。

スマートウォッチ自体はSW2を持っているんですが・・・。

 見た目

見た目は至って普通(?)というかディスプレイが四角タイプのスマートウォッチです。

 

ベルトは自由に調節できるようになっている為、ちょうどいいところでとめられます。

何とも微妙なのが充電のところ。

置くだけ充電等に対応してればすっきりするんですが・・・。

慣れるまでは結構挿しにくかったです。

AndroidWear

スマートフォンとの接続自体は簡単でした。

  

 

 

ペアリングをした後にAndroidWearのチュートリアルムービー的なのが流れるんですが、基本操作の説明なのにちゃんと説明出来てるのかこれ。

AndroidWearの操作はスワイプとタップしかないです。

・時計の画面から下にスワイプでGoogleNow。

・時計の画面から右にスワイプでメニュー画面。

・左にスワイプで戻る。

だいたいこんな感じ。

ボタンは長押しするとメニュー開くぐらいですかね・・・。

あとSW3はアップデートにより単体のWi-Fi接続ができるようになったんですが、ほうっておくと相当電池食います。

忙しくてアプリを使う機会が殆どなかったのですが、GoogleFitなどのフィットネス系アプリは有能です。

だって携帯持ってるより腕時計つけてたほうが自然だし完璧に測定できるし。

 

電池持ち

あまり使えてませんが、丸一日は普通に持つかなって感じです。

ただアプリを全然入れてないし使ってない状態なので・・・。

外での見やすさ

SW2も見やすかったですが、それよりも見やすいです。

一応手首をひねると画面がオンにはなりますが、下の写真がオフの状態です。

オフでも十分見えますし、手首ひねって自動でオンは便利です。

SW2と比較して

 

アプリ一覧だけ見ても違いは大きいです。

SW2があくまでスマートフォン的操作や表示なのに対してAndroidWearは完全に別物。

電池持ちに関してはSW2の方が圧倒的に持ちます。

通知受けだけならAndroidWearが必要かと言われると正直微妙です。

時計画面のカスタマイズに関してはAndroidWearの方がたくさんありますが、SW2のカスタマイズも思ったよりできるので・・・。

アプリに関してはやはりAndroidWearの方が多いです。

特にGoogleNowとGoogleFitの存在が大きいです。

あと手首をひねって画面オンはとても便利です。(時々反応しないけど)

まとめ

AndroidWear初体験でしたが、忙しく細かいところまで見れなかったのが悔やまれます。

SW2を今更ながら買ってしまっているので、AndroidWear端末を買うか悩んでいるのですが、買うかどうかは微妙ですね。

スマートフォンと同様アプリ次第、画期的な使い方の発見。が普及には必要かな・・?

SW3と他のAndroidWear端末との比較をすると、防水である所がとても大きいです。

カラーバリエーションからも分かりますが、外でアクティブに使う人にはおすすめのスマートウォッチです。

丸型のスマートウォッチと比較すると見やすく操作はしやすいです。

見た目的には丸型のほうがカッコいいですけどね。

四角型はベゼルが太いのでそこをなんとか・・・。

いっそのことSW2みたいにホームボタンとか付いてたほうが楽かも。

 

ギリギリのところで書きましたが、全体的には使えるおもちゃ・・・だと思います。

腕時計を付ける習慣がなかった僕にそのありがたみを教えてくれたSW2とSW3に感謝です。

 

今回はここまで。

nattonn01.hatenablog.com