ただの新しいモノ好き

好きなモノ気になるモノをグダグダと。ガジェット,ゲーム,特撮など。

仮面ライダーアマゾンズ 第12話「LOST IN THE FOG」感想 #仮面ライダーアマゾンズ

シーズン1の地上波放送や、サントラの発売も決定した仮面ライダーアマゾンズ。

シーズン2も予定していますが果たして残り2話でどう繋ぐのでしょうか・・・。

 ↓前回

nattonn01.hatenablog.com

www.amazon.co.jp

あらすじ

アマゾン。それは失われゆく光。ついに起動されるトラロック。降りしきる雨の中、鬼神の如くアマゾンを狩る鷹山仁。危険を顧みず悠のもとへ向かう美月。そしてその悠は全てのアマゾンに対して同じ気持ちを持てずにいた。混乱の中、マモルの体調に異変が生じ…。

流れのような何か

出だしは悠とマモルの夜(?)の当直での会話。

悠が相変わらず自分の立ち位置で悩んでます。

マモルは夜にお腹がすいたとハンバーガーを食うんですがやっぱり美味しくない。

それを離れて見るフクでした。(前回もチェックしてたしね)

 

場面変わって麗華と美月の家。

麗華は悠が街に居る限りトラロックは行いたくない。

特殊な金の腕輪を使えば抑制剤を過剰投与して研究室に戻すことも可能らしいのですが・・・。

悠に腕輪を付けてくれと仁に依頼するわけですが拒否。(電話ガシャン)

ここまでの会話美月が盗み聞きしちゃってました。

 

仁と七羽さんの温泉計画はキャンセル。

でも七羽さん1人で行ってくれない?という話に。

(あっそと突き放しながらも)

「それも良いかもね」という七羽さんですが・・・。

 

今日の犠牲者タイム。

チャリで走ってたらマンホール的な所から出てきたアマゾンがパクリ。

どうやら地下道に引きずり込んでモグモグしてる様子。

駆除班は出動。

 

その頃いつの間にか寝ていた麗華は加納から社に戻るように連絡を受けます。

理由は仁がトラロックの実行を要請しているから

この時金の腕輪を持っていこうとするんですが、パクられてましたとさ。

話を聞いていた美月が持ち出して悠に付けさせようと動きます。

(この時既にタクシーで悠達の出動を追いかけてるんですがどういうことだよ・・・)

 

地下道をどう攻めるか計画中。

ちなみにランクはA。

メイン通路の左を悠、右を一也とマモル、横道がリーダーと望、出入り口がフク。

 入り口に侵入する前にフクが一也を呼び止めます

フク「マモルに・・・注意しておけ。あいつもアマゾンだ。」

フクは察しているんですがマモルの様子がおかしいって所までなんですよね。

一也「マモちゃんは実験体達と違うからさ。」

と普段通りだと言う一也でしたが・・・。

フクは車からマモルの様子を要チェック。

ここで雨が降り始めます。

 

研究所に到着する麗華。

仁はアマゾンのデータをネットに公開すると麗華を脅し、トラロックの実行を迫ります

(ここの仁さんが完全に悪役カッコいい)

 

地下道を走る悠。そこで人肉ハンバーグの時の女アマゾンと数体のアマゾンを発見。

悠は黙ってこのアマゾン達を逃します。

悠「あの人達を殺すのは間違ってる・・やっぱり僕は・・・。」

 

ちょうどその頃リーダーはアマゾンを発見。

今回はコウモリアマゾン。(スーツの使いまわし)

 

マモルは一也に腹が減ったと言うのでハンバーガーを渡すんですがマモルはそれを投げ捨ててしまいます。

合流した悠とマモルは変身して戦闘開始。

 

研究室サイド。

会長が映像で登場。トラロックの実行を指示します。

会長「私は見たい!一大実験場と化したこの街で何が起きるのかを!」

(仁は笑いながら一番おかしいのは会長だと言い放ってます)

麗華はトラロックの実行を指示。

 

その頃美月は見失ったのかウロチョロ。

そこの近くの地下から逃げたアマゾン達が出てきます。

とにかく逃げようとするアマゾン達でしたが女客アマゾンが覚醒してしまいます。

(ここのアマゾン化がグロい。ズームだからよりグロい。)

丁度そこにいた美月は・・・。

 

同じ時街中でアマゾンが覚醒(こういうシーン貴重ですね)

同タイプだからまとめて覚醒って話。

見た感じまた兵隊アリアマゾンですね。(ランクEだし)

数は今回も多くて数は246

戦闘中にその知らせとトラロック発動を知らされる駆除班。

とにかく悠とマモルを退避させろと司令を受けます。

もう蟲はほっとけ!とリーダーに言われる2人ですが、悠はウオオオとアマゾンをワンパン。

そのまま走り去ってしまいます。(逃げたアマゾン達の元へ)

望とリーダーは悠を追いかけ、一也はマモルを連れて退避!

その退避中にマモルはついに衝動を抑えられなくなり一也を襲います

 

研究所を後にし、ドローンの出動を見て嬉しそうな仁。

研究所の周りにも覚醒したアマゾンがうじゃうじゃ。

 仁「あーあ お前ら作るの大変だったんだよな。だからさ、可愛いんだよホントだぞ。けどな俺達にはお前らに食われる覚悟がまだ出来てなかった。どこにも置いておけないんだよ。悪いな。その代わり俺が責任持って地獄へ案内してやる。」

このセリフからの変身がカッコよすぎる。

 

1人温泉に向かおうとする七羽さん。

鶏の居る屋上(?)の様子をチェックしますが空には雨とドローンが。

何というか・・・お察しですね。

 

ビビりまくりの美月。

ハチアマゾンに覚醒した女客が近付きますが悠が地下から登場。

ハチアマゾン「お腹が・・・空いたの。あの子を食べさせて・・・。食べたい・・・。」

悠「ごめん。そうなったらもう助けられない!美月も絶対にあげられない。勝手で冷たいけど僕はこれでいい!僕は僕の声に従う!

何というか元に戻りましたね。後一話しか無いんですけど。

追いついたリーダーと望は撤退しろ!と叫ぶんですが悠は聞きません。

ついでに美月は悠に腕輪を持ってこれ!と言うんですが聞きません。

(美月せめてこれ付けてって言えばいいのに)

 

実行中のトラロック。

街で集団覚醒したアマゾン達は次々に駆除されていく・・・。

ついでに未覚醒のアマゾン達も・・・。

地獄絵図ですねこれ。

 

(この間に雨の中笑いながら戦う仁が・・・。)

 

マモルが一也を襲ったのを見てフクは駆けつけるんですが、そこで見たのは一也の左腕を引きちぎって食い始めるマモルでした。

マモル「三崎くん・・・ちょっとだけ・・・ちょっとだけね・・・。」

フクは拳銃を向けるんですが瀕死状態の一也がそれを必死で止めます。

(ここの声になってない必死さと恐怖が混じった演技が凄い)

その様子を見てマモルは人間体に戻り自分がした事を知り泣き叫んで飛び出してしまいます。

 フクは他のメンバーに報告、驚愕するメンバー。

そこにドローンが到着、望も美月も逃げてと叫びますが・・・。

逃げかけたハチアマゾンにとどめを刺す悠。

ドローンはガスを撒き始め、美月は逃げてと言いながら腕輪を差し出します。

悠「美月・・・。僕がアマゾンでも変わらないでいてくれてありがとね。マモル君は僕が。」

ガスの中悠はマモルの元へ走る!

 

仁さんは雨の中笑いながら、泣きながら(?)戦闘を継続。

 

マモルは体操座りで雨の中泣いていますがそこにドローンが・・・。

箇条書き感想の様なもの

仁さんも悠も死ぬ覚悟で動く!動く!

仁さんは最初から最後までカッコよすぎです。何度でも言います

仁さんが笑い、泣きながらアマゾン達と戦う姿はクルものありますね。言葉通りアマゾンの事自体は好きなんでしょう。本当はね。

マモルが一也(の一部)を食うシーンがかなり暗いとはいえかなりエグい。

にしてもマモルに食われながらもマモルを殺すことを拒んだ一也お前ほんとにいいキャラだよ・・・。おっさん組大好き。

予告バレでマモルも悠も仁さんも生き残ってるんですが(回想かもしれませんが)悠と仁さんは半分死にかけの様な状態で戦ってるんですよ。会長的にはどうなんでしょう。

ハチアマゾンは公式サイト曰くガスに耐性があるそうですが、その前に倒されてます・・・。(と言うかドローンに囲まれてガス充満から1人耐性あるから逃げ出せたのか)

街中でアマゾンが覚醒して人を襲うのは何というか龍騎最終盤のアレとか思い出しますね。如何にも終末というか終わりというか。

公式の最終回あらすじを見るとシーズン2にどう繋ぐのかさっぱりわからない

予告見ても悠は金の腕輪を突っ放してますし、一体どうなるのその腕輪

ここまで来て言うのも何ですが、アマゾンとの共存はやはりありませんでしたね。物語の展開的にはこうなる運命が見えてましたがどうしてこうなった・・・と頭抱えたくなります

誰も幸せになってねぇ・・・。(悠と仁はある意味幸せかもしれませんが)

悠が第三のアマゾンって結局何なのか?2年前の事故は何だったのか?謎がまだまだ多いんですけどどうする気でしょう。幾つかは回収して欲しい。

いい意味でこんな感じ。シーズン2まで待ちきれねぇ。

おわりに

いよいよ次回は最終回。フラフラの2人が海辺で最終決戦!

オーズのあのシーンといい海辺でのシーンって絵になるなぁ。

最終話のタイトルは「M」これだけ。さて何の頭文字になるのか・・・。

(アマゾンズ記事でアクセスが増えてた分が吹っ飛びそうで怖いです)

主題歌「Armour Zone」のフルバージョンも本日から配信開始!

今回はここまで。

アマゾンズもフォーゼまでの作品も見放題!

Amazonプライム会員はこちらから!↓